手法検証トータルプラストータルでの成績がマイナスになっている人は、
FXの手法を検証する目的がそもそもおかしかったりします。

 

 

 

FXで勝つ(稼ぐ)というのはどういうことでしょうか?

 

FXで勝つ(稼ぐ)というのは具体的にはどういうことでしょうか?
まぁ、「勝ち続ける」あるいは「稼ぎ続ける」
ってことですよね。

 

つまり、FX投資においては、
資金がプラスになったりマイナスになったりしますが、
目指すべきはトータルでプラスにするということです。

 

間違っても、
1回1回のトレードで勝つことが目的ではないんです。

 

これをしっかり理解していないと、
手法(ルール)の検証も確実におかしくなってきます。

 

FX失敗してる人は無意味な手法検証をしている?

 

しっかり検証しているのにFXで失敗している人は
その検証しているFX手法が機能する箇所を探しているだけなんです。

 

例えば、
RSIとボリンジャーバンドを組み合わせた「逆張り手法A」があるとします。
この「逆張り手法Aについて検証する」というのは、
「逆張り手法Aが機能する相場を探す」ということではありません。

 

止まっている過去チャートでの検証において、
上記のような、完全に無意味なことをやってる人が結構います。

 

これ、意味がないことは分かりますよね?
こんなのはただの自己満足です。
お遊びや趣味の領域を抜け出ていません。

 

あるいは、ただのチャート分析マニア、
テクニカル分析マニアです。
資金を稼ぐ気がないならそれでもいいです。

 

上記のような「逆張り手法Aが機能する箇所を探す」ってことを
1000回やってもFX失敗者から抜けだすことはできません。

 

そうではなく、FXの手法検証を行う目的は
冒頭で書いたとおり

 

投資資金の増減結果において、
トータルでプラスにするということです。

 

ここを理解しておかないと、
無意味な検証(ただの自己満足)が繰り返されるので注意してください。

 

FXブログの相場(チャート)解説記事を読んでも意味はない?

 

ちなみに、ほとんどのFXブログの後付け相場解説(チャート解説)は
上記で書いた「無意味な検証」に近いものがあります。

 

手法が機能する場面、ラインが機能する場面
フィボナッチで反発する場面、
移動平均線がサポート・レジスタンスになる場面、などなど。

 

完全にテクニカル分析の超初心者なら
「手法が機能する相場を探す」ことにも価値はありますが、
初心者を抜けだすためには、
「手法が機能する相場を探す」という検証をどんなに繰り返しても

 

一向にトレードは上達しません。
つまり、失敗し続けます。

 

FX手法の検証を行うのは「FXでトータルでプラスにすることが目的」と
改めてしっかりと認識してくださいね!