ちょっと気になったキーワードでのアクセスが目立ったので、書いてみます。
気になったキーワードというのは「FX 勝ち続けるには長期足」というもので、
Googleさんが勝手に補足して検索させているのでしょうかね。

 

まずFXにおける「長期足」って??

まず、「長期足」というのが何なのかを定義しておきたいんですが、
これは、絶対的なものはないでしょうけど、とりあえず勝手に
「4時間足以上」 としておきます。一応理由としては、

 

4時間足なら、日足の波をとりに行くトレードでも使えるからです。
大きな時間軸と小さな時間軸の話もいずれ書く予定ですが、
簡単に書いておくと、よく言われるのが、

 

  • 週足の波を狙いにいくのに 日足でタイミングを取る
  • 日足の波を狙いにいくのに4時間足、8時間足でタイミングを取る


 

というものですね。1時間足とかは、ちょっと小さすぎるので、
「長期足」とは言えないんじゃないかと。

 

FXで勝ち続けるためには「長期足」の方が失敗しなくて良い?

長期足のトレードというと、別の言い方をするなら、
「スイングトレード」とか「ポジショントレード」の時間軸ですね。

 

結論から言うと、長期足のトレードの方が、
スキャルピングやデイトレよりは勝ち続ける確率は高いと言えます。

 
デイトレ・スキャルで勝ち続けようとしてFX失敗する前に!!

 

理由としては、

 

  • 相場の分析にゆっくりと時間をかけられる
  • その結果、分析スキル自体がレベルアップする
  • 年を取ってからも問題ない(年を取るごとに短期足トレードは辛いと言われます)
  • メンタル負荷が短期トレードよりも遥かに低い
  • テクニカル指標のダマシが減る
  • サポートやレジスタンスの機能確率が高まる


 

これらをもっとまとめて具体的に書くと、つまり、

 

  • エントリーのミス・失敗が減る
  • エグジット(利食い)のミス・失敗が減る


 

ということにいきつきます。これはそのままトータルのプラスにつながります。
なので、結果的に勝ち続けることができるようになります。

 

何故、日足や週足のようなトレードが安全かというと、
メンタル面で安定性をもった状態でトレードができるのも大きいでしょう。

 

例えば、 日足トレードの場合、日々監視している通過ペアのチャートで
しっかりと自分なりの根拠をもってエントリーする場合、
チャートのチェックというのは寝る前に少し見る程度で終わります。

 
そして、エントリー条件が整いそうな通貨ペアだけ、

 

  • 日足がこうなって確定したらエントリーする
  • 日足がこうなって確定したらエントリーを見送る


 

というような判断が可能になります。これって、
短期トレードばかりやっている人は是非やってみて欲しいんですが、
焦ったエントリーによる失敗などはほぼゼロになります。 

 

スキャルピングやデイトレで損失を増やしている個人トレーダーのほとんどは
焦ったエントリーによるものが非常に多いです。
FXの焦ったエントリーというのは、具体的に言うと、

 

  • 自分で決めたルールが守られていない
  • 苦手な相場と分かっているのに勝負している
  • やたらと眠くて判断力が鈍ってるのにトレードしている


 

というようなものです。安定感とは正反対の状態ですね。
これでは、損失がどんどん膨らみます。
勝てるトレードだったとしても、負けトレードの損失の方が大きくなっていきます。

 

まとめ

タイトルの件ですが、長期足の方が勝ち続けることができるのかの答えは、
「はい」です。

 

スキャルピングやデイトレは、
1%未満の、常に頭をクールにさせていられるようなトレーダーには、
一気に稼ぐことができるスタイルです。

 

ですが、 安定感のあるトレードができていない自覚がある方、
焦ったトレードによるミスが多いと感じている方は、
長期足のトレードに移行してみるのも良いと思います。

 

はじめは、時間軸(タイムフレーム)の変化に戸惑ったり、 
勝てたとしても「一気に稼げない」と思うかもしれませんが、
マイナスになるよりはよっぽどマシなはずです。

 

それに、少しずつの稼ぎでも、FX投資は複利運用で資金を増やせるので、
はじめは少ししか稼げなくても、複利の力によって、
稼げる額が雪だるま式にどんどん大きくなっていくものです。

FXで失敗していた若造が安定して勝てるようになるまで!ダイジェスト