FXのエントリー手法(タイミング)は、大きく分けて2種類です。「ブレイクアウト」か「押し目買い・戻り売り」ですね。

押し目買い

まずは復習から

ブレイクアウトにしろ、押し目買い・戻り売りにしろ、
ダウ理論におけるトレンド認識や、
サポートレジスタンスの基本概念を
理解していることが大前提となりますので、
自信がない人はまず復習しておいてくださいませ。

 

FXチャート分析の基本はまずダウ理論から!ツールはその後でいい

 

ブレイクアウトで無理にエントリーする必要はない

プロのトレーダーほど、ブレイクアウトでエントリーはしないと言われています。

 

というのも、相場の性質上、サポートやレジスタンスがブレイクされた後、
値動きは、そのブレイクポイントまで戻ってくることが多いからです。

戻り売り

なので、

 

  • サポートをブレイクしたら戻り売りの準備体勢に入る
  • レジスタンスをブレイクしたら押し目買いの準備に入る

 

という方が安全だし、リスクリワード(損失:利益)の比率が良いトレードができます。

 

またブレイクアウトには、ブレイクダマシ(ラインのオーバーシュート)がありますので、
ブレイクでのエントリーをしなければ、そんなダマシに引っ掛かることもありません。

 

エントリーチャンスは何度でも訪れる

上記で、ブレイクアウトよりも、
押し目買いや戻り売りの方が安全でリスクリワード比が良いと書きましたが、
その分トレードチャンスを逃す可能性も出てきます。

 

ブレイクした後に、どんどんレートが伸びた後は
「やっぱりブレイクでエントリーしておけばよかった」
と思うこともあるかもしれませんが、

 

エントリーチャンスなんて相場が存在する限りは、
何度でも訪れるので、そこまで焦ってトレードする必要もないでしょう。
焦りは冷静な判断を狂わせますし。

 

押し目や戻りの「深さ」は相場心理によって変わる

リトレースメント

さて、押し目買いや戻り売りが安全だと知っても、

 

FXで失敗する人は、
すぐに「100%の方法」「絶対的な回答」を
求めようとする傾向があります。

 

が、残念ながら、押し目の深さも、戻りの深さも、
特定することはできません。

 

聖杯? ? 勝率100%の手法を求めるFX失敗者たち!
FXブログが書く「必勝法」に騙されるのがFX失敗者の特徴?

 

戻り(リトレース)がどのくらいかというのは、

 

  • フィボナッチリトレースメント
  • サポート・レジスタンスの反発箇所
  • トレンドライン

 

などなど、様々な要因の複合から、

候補地点を挙げることはできますが、
「ココが押し目の最終地点だ!」
と特定することはできませんので、
そこは求めないように注意してください。

 

サポート、レジスタンス(サポレジ)の逆転で失敗しないためには?
サポート・レジスタンスと、トレンドラインの複合でエントリーする

 

きれいにサポート・レジスタンスが逆転することもあれば、
大きくオーバーシュートすることもあれば、
押し、戻し、が非常い浅い場合もあります。

 

これを絶対的に求めようとすると
無駄に悩み続けることになります。
過去チャートをどれほど必死に眺めても
あなたが探している答えは出てきません。

 

FXのエントリーは、リスクをどこで負うかを判断すること

FXのトレード(エントリー・エグジット)に絶対的な正解はありません。
では、どうやってエントリーポイントを判断するのかというと、

 

リスク(損失)よりリワード(利益)が
大きくなるであろうポイントを狙って
トレードを繰り返すしかありません。

 

「どこでリスクを負うのか」を真剣に考えて判断することが重要なわけです。
これを繰り返していれば、必ずトータルでプラスになっていきます。

 

FXで失敗する人は

相場や手法に絶対的な正解を求めていると、
結局、何をやっても「クソッ!またダメだ」という心理になり、
失敗のスパイラルに巻き込まれてしまいます。

 

ですので「トレード」=「どこでリスクを負うか」
ということをしっかり頭に入れておいてください。

 

あたりまえのことですよね。
FX投資ってのは、自分の資金を危険にさらすわけですよ。

 

そこに絶対的な正解なんてあったら、
誰もが億万長者になってしまいますから。

 

証券会社だって潰れることがあるのに、
必ず勝てる方法なんてないんです。
安定して勝つ秘訣は、まずこういうことを理解した上で、
あとは、ただ単純にトレードの練習を繰り返すことです。

 

<返金保証ありの親切なFXの教科書>
 FX大衆心理とテクニカル分析を学ぶ優良教材を徹底レビュー!