ドル円が今年の5月の高値から約三ヶ月間にわたって続いているペナントのチャートパターンの最終局面に差し掛かっているようです。

ドル円日足

■ドル円(USD/JPY) 日足チャート

 

 ドル円日足、そろそろペナントブレイクか?

ドル円、クロス円が再度上昇トレンドを開始する可能性を見せてきました。
日足レベルでは、三ヶ月の間ペナントが続いており、
値動きのボラティリティもだいぶ弱くなり、
ブレイクアウトのエネルギーを貯めているような状態です。

 

ちなみに、ペナントというのは、継続型のチャートパターンですので、
セオリーどおりに考えるならば、上昇していくことになります。

 

また、ペナントは、ブレイクした後のリターンムーブが結構激しい場合が多いので、
焦って飛びつかず、冷静にブレイクを確認してから、
エントリーのタイミングをはかっていく方が安全ではあります。

⇒FXチャートパターン【トレンド継続型】フラッグ・ウェッジなど5つ 

 

次に、もう少しチャートをズームします。

 

ドル円4時間足 ダウ理論ではダウントレンドからアップへと逆転

ドル円4時間足

■ドル円(USD/JPY) 4時間足チャート

 

4時間足レベルで見ると、日足ベースの上昇トレンドの調整としての
下降トレンドになっていましたが、
先日、ダウ理論の見地における高値安値において、
とりあえず、高値は前回スイングを上に抜けました。

 

この時点で、
ダウ理論的には4時間足ベースで上昇トレンドに転換とみなせます。

 

その後は、8月20日の安値がサポートとなり、
現時点では上昇していく動きです。

 

⇒FXチャート分析の基本はまずダウ理論から!ツールはその後でいい

 

トレードシナリオ

今の時点で強気の買いのエントリーをしてもよいとは思いますが、
慎重をきすならば、 ペナントの上辺のラインと
4時間足ベースでの前回高値 である99.16あたりをしっかり抜けたことを
確認してから、リターンを待ってロングを建てるのもよいでしょう。

 

当面は売りのエントリーは考えていません。
96.80あたりのサポートと、ペナントの下辺をブレイクするようであれば
その時点から戻り売りを狙うことになるかと思います。