私の知る限り株やFXにおける
「デイトレ」「スキャル」という言葉が流行っていた全盛期は
2006~2008年あたりだと記憶しています。

 

今は少しデイトレ熱も落ち着いていますが、
それでもまだ人気があるのは間違いありません。

「デイトレ」「スキャル」というただの個人トレーダーだけのブーム

FXのデイトレが流行ったのは、個人的には、
ただの「トレーダー気取り」や
「俺FXでデイトレやってるんだぜ」的な、
ポージングに近い要素を感じます。

 

実際は、トレードの技術や相場分析のスキルなど皆無に等しく、
所詮はFX入門などの書籍を1、2冊読んだ程度だったり、
ネットでかき集めた嘘の知識だったりで、

 

どう見ても初心者の域を抜け出していない悲惨なデイトレーダーが
たくさんいました。というか今もたくさんいますね。

 

FXで失敗しないためには長期的に勝ち続ける視点が必要不可欠

 

プロトレーダーはデイトレなんかしない?

「プロのトレーダーがデイトレードをするのかどうか」
という質問を受けたことがありますが、いるにはいます。

 

ですが、かなり少数です。
セミナーを開いているようなトレーダーに聞けば分かりますが、
勝ってるデイトレのプロトレーダーも

 

「デイトレやスキャルピングは歳を取ったら難しい」
「最終的には勝てないだろう」と言います。

 

どうしてもデイトレ・スキャルピングをしたいなら、失敗しないためには

それでも、どうしてもデイトレをしたいなら、まずは失敗しないためにも、
スイングトレードやポジショントレードで相場分析力を上げる必要があります。

 

デイトレやスキャルピングのような短期トレードでは、
しっかりと相場、チャートを分析するスキルが身に付かないため、
なかなかトレードの実力が上がらないのが現実です。

 

週足をベースとして日足でタイミング取る、あるいは、
日足をベースとして4時間足でタイミングを取る、

 

というような、大きめのタイムフレームでトレードして
分析力を高めてからの方が、失敗しない確率は上がるでしょう。

 

というか、何で初心者は、あえて難易度の高い
スキャルやデイトレに挑戦するのか?という話ですが。。
お金の魔力、としか言いようがありませんよね。

 

「すぐ稼ぎたい!」
「スリルが楽しい!」

 

って、自覚はなくても、無意識でそう思っている人は
かなりの数いるんですよね。

 

最近は、昔より個人トレーダーも知識をつけているし、
証券会社の煽りも昔ほど強くはないので、
短期トレードの熱も弱くなってきてはいますが。